全3259文字
新型コロナウイルスの感染爆発で墓地不足も懸念されるニューヨーク(写真:AP/アフロ)

 「どうかニューヨークが犯した過ちから学んで」

 ニューヨーク市マンハッタンのグリニッビレッジで3世代にわたって葬儀場を営むピーター・デルーカ氏。新型コロナウイルスの感染爆発で市内の死者数が激増し、朝6時から夜10時まで休憩する間もなく働く毎日を送っているという。目の前の仕事に専念しなければならないからと取材は辞退したが、筆者の元にこんなメッセージを残した。

 「日本の皆さんに伝えてください。(レストランでの飲食や外出禁止、社会的距離を取るなど)ニューヨーク州が採用した対策をできるだけ早く採用してください。我々の過ちから学んでください、と。どうか安全にお過ごしください。ピーター」

 市内で初めて新型コロナの感染者が確認されてから、2020年4月12日で6週間が経過した。今、市内では「葬儀システムの崩壊」が深刻化している。

 感染爆発でまずやってくるのが、入院患者数の急増による「医療システムの崩壊」だ。米国では、検査で陽性と診断されても、症状が悪化していなければ基本的には自宅で療養を続ける。熱が下がらない、息苦しいなどの症状が続いた場合のみ病院へ行き、入院が必要と診断されれば入院する。

 対応する患者の数を減らすのが狙いだが、それでも市内の病院は新型コロナ感染症の患者であふれ、ICU(集中治療室)を埋めていることは既報の通りだ。

感染者増→入院者増→死者増に4日の時差

 ニューヨーク市における1日当たりの新規入院患者数の推移が下のグラフだ。1日当たりの感染者数が5642人とそれまでの最多を記録したのが3月30日だった。その4日後の4月3日、新規患者数が1632人に達し、過去最多となった。

 
ニューヨーク市内の新型コロナによる1日当たりの新規入院患者数の推移(4月12日現在)。ニューヨーク市のサイトより

 その次にやってきた波が死者数の急増だ。新規患者数ピークの4日後の4月7日、1日当たりの死者数が476人に到達した。これはニューヨーク市内のみの数字で、州全体だとここ数日間、1日に700人以上が亡くなっている。4月12日時点で、これがピークとは言い切れないが、高止まりしている状態だ。

同死者数の推移(同)。同じ市のサイトより

 医療崩壊に少し遅れてやってきた葬儀システムの崩壊──。その実情を900以上の葬儀事業者が集まるニューヨーク州葬儀事業者協会(New York State Funeral Directors Association)でエグゼクティブ・ディレクターを務めるマイケル・ラノッテ氏に聞いた。