全2648文字

 2020年3月22日からニューヨーク州で始まった「外出禁止令」は、マンハッタンの街を静まりかえらせている。時折、響き渡る救急車やパトカーのサイレンが受け入れたくない「非現実的な現実」を浮き彫りにする。

新型コロナウイルス感染症の患者を救急車に運び込むニューヨーク市の消防局員(写真:ロイター/アフロ)

 米国東部時間の3月24日現在、新型コロナウイルスの世界の感染者はざっくり40万人。米国全土は約5万人で、その半分の約2万5000人を占めるニューヨーク州の感染者の数は3日で倍になるペースで増えている。「ニューヨークで急速に感染拡大が進んでいることは間違いない」。同日の記者会見でドナルド・トランプ米大統領もこう認めた。

 中でもニューヨーク市で感染者数が爆発的に増えている。同日時点で市内の感染者数は約1万5000人。同市の人口は約860万人なので、単純計算では570人に1人が感染していることになる。「新たに確認されている感染者の60%がニューヨーク市圏」(トランプ政権対策本部のデボラ・バークス新型コロナウイルス対策調整官)という状況だ。

 ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事とニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は3月初旬からの数週間、毎日、会見を開いて情報をアップデートしている。ちょうど疲れが見え始める頃だが、24日の会見での2人はそれ以上に感傷的だった。声を震わせ、涙をこらえる場面が見られたからだ。

 2人のメッセージは共通している。「ニューヨークを助けてほしい。しかも、助けは今すぐ必要だ」というものだ。