東南アジアは日本車メーカーが市場シェアの8割を握る「日本車王国」だ。だが足元では異変も起きている。中国や韓国、そして現地の企業が電気自動車(EV)で攻勢をかけているのだ。

 本シリーズ「東南アジアEV攻防戦」では日本勢が築き上げた「王国」でうごめく競合の動きを詳報してきた(第1回:「日本車王国」に異変 タイになだれ込む中国自動車メーカー、第2回:現代自はインドネシアに、ベトナムでは国産EV 下克上に虎視眈々、第3回:タイでHV好調のトヨタ・ホンダ、それでもEV展開待ったなし)。

 日本の主要メーカーの現地トップはこの動きをどう見ているのか、そして、どう迎え撃つのか。ホンダ日産自動車に続き、今回は東南アジアを主力市場とする三菱自動車で最大の海外拠点を統括するミツビシ・モーターズ・タイランドの小糸栄偉知社長兼CEO(最高経営責任者)に聞いた。

ミツビシ・モーターズ・タイランドの小糸栄偉知社長兼CEO
ミツビシ・モーターズ・タイランドの小糸栄偉知社長兼CEO

昨年から今年にかけて、プラグインハイブリッド車(PHV)の「アウトランダーPHEV」をインドネシア、フィリピンそしてタイと、東南アジア各国に相次ぎ投入しました。

ミツビシ・モーターズ・タイランドの小糸栄偉知社長兼CEO(以下、小糸氏):この地域の電動車市場を開拓していく上でベストな選択肢はPHVであり、「アウトランダーPHEV」がその突破口になると我々は考えています。

 PHVの市場規模はEVと同様にまだ非常に小さく、「極小」と言っていいでしょう。例えばタイではハイブリッド車(HV)を含めた電動車市場の規模は新車市場全体の4%くらいしかなく、さらにPHVとEVはこの電動車市場の3%程度を占めているにすぎません。

 もちろんタイでも電動化は徐々に進んでいくでしょう。ただ、いきなりEVが普及するとも考えにくい。そこで、当面の電動車市場をけん引するのがPHVだとみています。PHVは充電して町中を走る限りはガソリンエンジンを使いませんし、高速道路でも時速130㎞まではエンジンが始動しません。つまり完全にEVとして走るわけです。一方で充電が切れた場合はハイブリッド車として走ります。お客様は充電や走行距離の心配をすることなく、環境性能の高い電動車を楽しむことができます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1899文字 / 全文2812文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「東南アジアの現場を歩く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。