MGは今、タイのEV市場をほぼ独占している。同国の陸運局によれば、8月末の段階で車両登録されているEV(2輪、3輪、バス、トラックを除く)は3400台程度だった。その8割以上のシェアをMGの2車種のEVが握っているとみられる。

HVやPHVに力を入れる日本勢

 世界的な電動化の動きに呼応し、東南アジア各国は相次いで電動車の普及目標を掲げ始めた。中でも電動化に積極的なタイは、30年までにピックアップトラックを含む乗用車の販売台数の50%をEVや燃料電池車(FCV)にする目標を打ち出した。

東南アジア主要各国が掲げる電動化の目標と主な促進策
東南アジア主要各国が掲げる電動化の目標と主な促進策
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ、電動化に積極的なタイですら年間販売台数に占めるEVの比率は足元で0.5%に満たない。EVが普及するタイミングはまだ先とみた日本メーカーは、EVよりも当面の需要が見込まれるハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の展開に力を入れてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1772文字 / 全文3448文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「東南アジアの現場を歩く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。