「着の身着のまま逃げてきたからお金がない。助けてほしい」。8月中旬、ミャンマーの大学に通う知人から支援を求めるメッセージが届いた。今年2月にクーデターを起こした国軍に強く反発し、反国軍デモに積極的に参加してきたという。だが弾圧が厳しくなり、近郊の農村に逃れざるを得なくなった。これまでも窮状を訴える連絡があったが、生活はいよいよ苦しくなっているようだ。

 切実なメッセージを受けて、何とかお金を送ろうと考えた。ただ方法が見つからない。学生は他の多くのミャンマーの人々と同様、銀行口座を持っていない。あたふたしていると学生はタイの大手銀行の口座番号とQRコード、そしてミャンマー人と思われる名前と携帯電話番号が記された一枚の画像を送ってきた。「この番号に電話して彼と話してみてくれ」と言う。

今年2月のクーデター以降、ミャンマーの金融は混乱し、市中では現金不足が深刻化した。通貨チャットは急落し、米ドルも不足している(写真:AP/アフロ)
今年2月のクーデター以降、ミャンマーの金融は混乱し、市中では現金不足が深刻化した。通貨チャットは急落し、米ドルも不足している(写真:AP/アフロ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2959文字 / 全文3323文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「東南アジアの現場を歩く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。