8月10日朝、ライドシェア・配車サービスを展開するグラブのタイ法人本社前に、同社と契約する二輪ドライバーが次々と集まってきた。その数は100人を超える。経営陣に対して不満の声を伝えるためだ。「グラブは我々に対する不当な扱いをやめろ」。「ボーイ」というニックネームで呼ばれるリーダーはこう叫び、「経営幹部に直接要望を伝えたい」と迫った。

待遇改善を求めグラブのタイ法人本社前に集まったドライバー。そのリーダーとグラブ側のスタッフとの間で押し問答が起きた

 ドライバーの不満は多岐にわたる。たとえばグラブはレストランの食事を配達するサービス(フードデリバリー)の実績に応じてドライバーに慰労手当を支給しているが、最近になって制度変更され、以前よりも多くの実績を積まなければ手当を受け取れなくなった。また事故に遭った際に支払われる保険金が十分ではなく、さらにドライバーによって受け取れる額に違いあることも「フェアではない」との批判が強く出た。

 グラブが展開するライドシェア・配車サービスはタイ国内で「グレーゾーン」の事業に当たる。法整備が追い付いていないためだ。このリスクをドライバーばかりが背負っていることに対する不満も根強くある。ドライバーは警察から処分を受けたり、既存の二輪タクシー業者から暴力に遭う危険を抱えている。その際のグラブの対応が十分ではないという指摘がある。加えて、デリバリーサービスの業務中に発生した駐車料金をドライバーが自ら負担しているという問題もあった。

 大小様々な不満を抱えたドライバーは、待遇改善を求めてタイ法人の本社までやってきた。だが入居するビルの前に柵が巡らされるなど、グラブ側に彼らを歓迎する雰囲気はない。ドライバーたちのシュプレヒコールに対応するために入り口に現れたのも、幹部クラスではなくマネジャークラスの人物だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2111文字 / 全文2841文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「東南アジアの現場を歩く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。