デジタル通貨を巡り、これまでにない動きが東南アジアで起きている。暗号資産を稼げるゲームが流行し、中央銀行デジタル通貨の発行でも先行する。金融インフラの弱さがイノベーションを呼び、通貨のデジタル化に拍車がかかろうとしている。現場を追った。

 「神様の贈り物だった」。フィリピンの首都マニラ郊外に住むジェフさん(36歳)はスマートフォンを片手に昨年の出来事をこう振り返る。日雇いの塗装工として働いていたが、新型コロナウイルス禍により仕事は激減し、収入は一時途絶えた。宅配会社で働いていた妻の仕事もままならなくなった。2人の子どもを養うため、妻は中東のドバイへ出稼ぎに行くことを真剣に考えた。だが一度出てしまうと、少なくとも2年は家族には会えなくなる。

フィリピンのジェフさんとその家族
フィリピンのジェフさんとその家族

 2021年8月、追い詰められていたジェフさんはフェイスブックで「ジョブトライブス」というカード対戦型ゲームの存在を知った。ゲーム内で稼いだお金は現実に持ち出せるという。半信半疑だったが、わらにもすがる思いでダウンロードした。

デジタル・エンターテインメント・アセットが展開するNFTゲーム「ジョブトライブス」
デジタル・エンターテインメント・アセットが展開するNFTゲーム「ジョブトライブス」

 このゲームの稼ぎが家族を救った。お金を稼げるという触れ込みは本当だったのだ。ジェフさんは1日数時間遊ぶだけで1カ月当たり1万2000ペソ(約3万円)前後の収入を手にし、後に妻もゲームを遊ぶようになる。夫妻はゲームの収入で食料品に加え、冷蔵庫やパソコンなどを買いそろえることができた。雨漏りがしていた家屋も修繕できた。「何よりも、家族がバラバラにならずに済んだことがうれしい」。ジェフさんとその妻は涙交じりに語る。

 ジョブトライブスは「NFT(非代替性トークン)ゲーム」や「Play to Earn(稼ぐために遊ぶ)ゲーム」などと呼ばれる。ゲーム内の通貨やキャラクターがブロックチェーン(分散型台帳)技術を用いたトークンとして発行され、カードを売買したり、対戦に勝利するなどして獲得したトークンは、暗号資産(仮想通貨)としてペソなど法定通貨に交換できる。

 マニラのスラムに住むリッキーさん(36歳)もこのゲームに救われた一人だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2333文字 / 全文3197文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「東南アジアの現場を歩く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。