タイの首都バンコクに外国人旅行者やタイの若者が多く集まる「カオサンロード」と呼ばれる通りがある。「バックパッカーの聖地」との異名を持つ名所だ。そこに最近、緑色に塗られた移動販売車が毎晩やってくるようになった。車の周りには人だかりができている。彼らが買い求めているのは大麻だ。

 「リラックスしたいならこの種類の大麻、気分を高揚させたいならこれ。お茶にして飲んでもいいし、吸ってもいい」。近隣の飲食店が響かせる大音量のクラブミュージックに負けないよう声を張り上げながら、販売員は数種類の大麻を売り込んでいる。

バンコクのカオサンロードに毎晩やってくる大麻の移動販売車
バンコクのカオサンロードに毎晩やってくる大麻の移動販売車

 価格は大麻1グラムで1000バーツ(約3800円)。決して安くはないが、「売り上げは好調で、1日で10万バーツに達することもある」と販売員は言う。

 こうした大麻の販売が許されるようになったのは6月に入ってからだ。タイ政府は同月9日、規制する麻薬のリストから大麻を除外した。スマートフォンのアプリを通じて届け出をすれば、20歳以上であれば誰でも大麻を栽培できるようになった。

 葉や茎などに加え、幻覚などの向精神作用を示すテトラヒドロカンナビノール(THC)の含有率が0.2%以下の大麻抽出物を健康や医療目的で販売、使用することもできる。ただし公共の場で喫煙したり、許可を得ずに食品や化粧品などを生産販売したり、0.2%を超えるTHCを含む抽出物を所持し流通させたりすることは禁止だ。

 大麻解禁の旗振り役であるアヌティン保健相は希望する家庭に100万本の大麻草を配布する計画も明らかにしている。10日にはタイ東北部のブリラム県で1000本の大麻草の配布会を実施した。ブリラム県は同保健相が党首を務めるプームチャイタイ党の地盤として知られる。

 「大麻は健康に良いだけでなく、新たな収入源にもなる。経済的利益は100億バーツに上る」。会場を訪れたアヌティン保健相はこう語り、自らの成果を誇った。

 タイ保健省によれば、大麻に含まれる、幻覚作用を有さないカンナビジオール(CBD)という成分には発作を抑えたり不安を和らげたりする効果があるという。CBDを食品などとして摂取するとリラックス効果が期待でき、健康増進にも貢献するとしている。

次ページ 乱用阻止に課題