1990年代後半のアジア通貨危機、2000年代後半のリーマン・ショックなど、これまでも日系メーカーは東南アジアで数々の危機に直面してきたが、その都度、輸出の拡大などをテコに乗り切ってきた。ただ世界的に感染が広がった新型コロナは東南アジアの内需と外需の双方に打撃を与えているため、回復への道が見いだしづらい。

内需が拡大、産業構造が激変

 東南アジアに根を張ってきた日系製造業に打つ手はないのか。危機を前に手をこまぬき、最終的にはこの地域から撤退するしか道はないのだろうか。

 工場を強じんにし、コロナ危機を耐え抜くことができれば好機が訪れると見る関係者もいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1597文字 / 全文3522文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「東南アジアの現場を歩く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。