ミャンマーで2月1日、国軍によるクーデターが発生した。ロイターなどの報道によれば、同日朝、軍は与党、国民民主連盟(NLD)のアウン・サン・スー・チー国家顧問ら党幹部を拘束。その後、非常事態宣言を出した。国軍所有のテレビ放送によれば、軍が全権を掌握したという。

2月1日、ミャンマーで国軍によるクーデターが発生し、アウン・サン・スー・チー国家顧問らが拘束された。写真は1日、ヤンゴンで目撃された兵士(写真:ロイター/アフロ)

 1日昼の段階でタイからミャンマーへの国際電話は通じない。同国最大の商業都市ヤンゴンの在住者によれば、携帯電話の通信が止められているという。地方都市の在住者も同様に電話が通じないと語る。大きな混乱は起きていないものの、政府関連の施設付近の道は通行止めになっており、要所は国軍に押さえられているようだ。国軍が所有する以外のテレビ局も放送を取りやめている。現地で操業する日系企業の間では、工場の稼働を止める動きが相次いだ。ATMが稼働せず現金が下ろせないという声も出ている。また少なくともヤンゴンでは外出禁止令が出され、1日の現地時間18時以降の外出ができなくなるようだ。

軍政時代に逆戻りしたミャンマー

 ミャンマーは軍が支配する国に逆戻りしてしまった。1962年のクーデターで実権を握った軍は約50年にわたってこの国を支配した。2011年、ようやく民政移管を果たし、2015年の総選挙ではスー・チー氏率いるNLDが大勝した。だが民主化の動きは10年ももたなかった。今後の動向は不透明だが、今回のクーデターについて、ある政治家は「突発的に起きた動きではない。用意周到に計画されていたものだ」と話している。15年の長きにわたって軟禁されていたスー・チー氏が再び長期間、拘束される恐れもある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1676文字 / 全文2356文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「東南アジアの現場を歩く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。