全4938文字

集団感染で操業停止の悪夢

 2月19日、重慶市宣伝部の公式微信(ウィーチャット)アカウント「重慶発表」は、ある集団感染を明らかにした。重慶市巴南区にある400~500人規模の製造会社が、集団感染により操業停止を余儀なくされたという。この会社では少なくとも3人の感染が確定し、100人ほどの社員がホテルで隔離された。

 記者が巴南区にあるホテルに問い合わせたところ、確かに重慶鈦業の従業員がこのホテルで隔離装置を受けており、ホテル側はシングルルームを割り当てて、消毒作業とクリーニングを日常的に実施しているという。

 重慶鈦業は、攀鋼集団釩鈦資源股份の孫会社で、重慶市巴南区麻柳沿江開発区に社屋を構える。主力製品である二酸化チタンは塗料やプラスチック、製紙などの分野に利用される。年間総生産は14万トンで、国内二酸化チタンの大手として認められている。

 重慶市大足産業パーク管理委員会が2月13日に公表した緊急通達がその翌日ネットにアップされ、「重慶鈦業感染事件」が初めて明るみにでた。パークの入居企業は、そこから深刻な教訓をくみ取るよう求められた。

 重慶市新型コロナウイルス感染対策部門は記者会見を開き、より詳細な報告を公表した。重慶鈦業で保守検査を担当する李さんが同窓会に出席するため火鍋店を訪れ、湖北省荆州市から来た同級生の彭さんと同席した。この日に、重慶市内で感染者が5人確定し、感染経路が確認された。

 パーティーに出席した後、李さんはシフト制で勤務した。普通の会社員と同様、李さんの日常の行動範囲は重慶市の複数の地域に及ぶ。重慶鈦業は以前、巴南区近辺に社屋を構えていたが、環境保護対策で80キロ先の巴南区麻柳沿江開発区に移転し、新工場の操業を2016年に開始した。新工場の所在地はちょうど巴南区と長寿区の区境に差し掛かるためか、多くの社員は新工場にほど近い長寿区近辺にある賃貸住宅に入居している。住宅街の近くには重慶製鉄所があり、通勤用のシャトルバスが長寿区と巴南区を結ぶ片道30~40分の距離を1日に何往復もしている。

 1月26日、同級生の彭さんの感染が確定した。27日、李さんは隔離され、その翌日に感染が確定した。関係者によると、李さんが勤務する作業場と利用した通勤バスの運転手を含む47人の濃厚接触者が隔離され、その後の2月9日、うち1人の感染確定が明らかになった。

 この頃、重慶鈦業は通常通り操業していた。重慶鈦業の公式サイトによると、春節の間、感染対策として会社は、全社員にマスクを配布し、作業室や休憩室、食堂、浴室、トイレ、通勤バスなどの定時消毒を徹底し、工場入場時の検温を制度化した。

 しかし、それでも3人目の感染者が2月10日に確定した。長寿区の公式発表によると、3人目の感染者は2月6~9日の間、普段通り会社の通勤バスを利用して長寿区と巴南区を往復していた。

 猛威を振るうウイルスには、もはや為すすべもなかった。重慶鈦業の事情通によると、3人目の感染者はそれまでの2人との濃厚接触は認められなかった。ただ、3人目は感染者が立ち入ったことのある休憩室を訪れていたことが分かっている。

 2人の感染者が確認されたにもかかわらず、その後なぜ感染拡大防止のための効果的な対策が取れなかったのか。記者は重慶鈦業の責任者にこう質問したが、回答は得られなかった。