全4938文字

危険と隣り合わせの操業

 ウイルスが猛威を振るう中、第一線で働く6000人の従業員たちは毎日、通勤バスで住宅街と工場を往復する。そして仕事を終えると社員用の浴場でシャワーを浴び、一緒に着替える。

 武漢市の大手病院の医師への取材で、次のような話を聞いた。企業の通勤車両と浴場は感染を起こしやすい空間だ。社員が通勤に利用する大型バスは、運転席の横にしか開口部がない。それに十数人が同時にシャワーを使うと、微粒子に混じったウイルスを吸引することによる「エアロゾル感染」が起きやすい。

 武漢鋼鉄のある従業員の話によると、会社手配の通勤車両は座席数46席の大型バスで窓は開かない。青山区の住宅街と工場を常時ピストン運行しており、片道の所要時間は30分以上だ。会社側は乗客数を10人以下に抑えると口頭では言っているが、現実は、毎回30人以上で、ほぼ満席だ。

 工場で着替える時は十数人が更衣室を共有し、中には無造作にマスクを外す人もいる。仕事が終われば、通常はシャワーを浴びて着替えてから帰宅する。シャワーも十数人が一斉に利用している。

 住宅街の感染リスクも無視できない。この従業員は「自分が住んでいるアパートはすでに感染者を3人出した」と話してくれた。

 青山区にある鋼都花園と近隣の鋼花新村は、武漢鋼鉄が社宅として構える団地がある。社員やその家族、定年退職者たちが入居している。2017年時点で、この2つのマンモス団地には10万人超の住民がいる。

 青山区は昔ながらの工業地域であると同時に人口密集地で、その上、高齢者が多い。この年齢層の特徴は感染しやすい一方で、予防意識が薄いことだ。「両親は春節の間ほとんど外出せず、ゴミでさえ数日おきに出すようにしていた。一体どうして感染してしまったのか」。定年退職した元社員の親族がこう話して首をかしげた。

 住民たちに取材したところ、青山区の感染者数はすでに武漢市の中でもトップレベルである。2月14日現在、鋼都花園、鋼花新村はコミュニティー単位で、軒並み25人以上の感染者が確定した。

 武漢鋼鉄新型コロナウイルス感染予防管理チームの担当者に聞いた。今のところ、通勤車両で集団感染はまだ発生していないという。会社はマスクや体温計、消毒液など予防対策用の備品をできる限り提供している。また現場の管理職には、体の不調や発熱、咳(せき)など社員の症状のチェックを徹底させている。乗車時やオフィス、作業場に入る前には都度、検温を義務付ける。通勤車両や工場内の消毒は1日に2回以上実施するとともに、消毒液を各作業現場に配布している。テレビ会議を励行するとともに、テレワークを推奨する。さらに、対策本部を立ち上げて、日々の進捗を青山区の対策本部や本社と関連企業に報告する。加えて、社員を対象に、春節期間中の出勤者に特別ボーナスを支給したり、給与を倍増したりするなど非常事態に対応した努力をねぎらった。

 苦境を打開すべく武漢鋼鉄が取るべき策として、とある病院の感染対策責任者は次のようにアドバイスした。まず、勤務する社員に対して、肺炎を見つけるコンピューター断層撮影装置(CT)と、新型コロナウイルスを検出するPCRの全数検査を実施する。マスクは呼吸によって内側に湿気がこもり細菌が増殖しやすくなるため、4時間ごとの交換が必須だ。バスや作業場の消毒を1日に2回実施し、その上できれば速乾性手指消毒薬を用意する。また、バスや共同浴場はリスクが極めて高いので、感染予防の原則として中止するのがベストという。

 一方で製鉄業界では多くの人からこんな声が寄せられた。武漢鋼鉄は一部減産体制を取れば現場作業員を削減できるのではないか。目下のところ、関連企業にも稼働に大幅な遅延が起きて鉄鋼の需要が滞っている。在庫にまだ十分ゆとりがある以上、減産しても企業にとって実質損失にならないのではないかという。

 だが、取材によると、武漢鋼鉄は工場の通常運転を維持し、今のところ点検運休や減産はしていないどころか1月の生産高は計画を上回った。

 会社は受注生産の体制を取っている。今の生産はすでに受注している分であり、今後も受注を見ながら調整していく。武漢鋼鉄の取引先は自動車や家電、エネルギー、交通、航空宇宙などその分野が多岐にわたるため、むやみに生産を停止することはできない。受注に変更がない限り、これまでと同じペースを維持する見通しだ。武漢鉄鋼の責任者は「一番苦しい時期はもう乗り越えたかもしれない」と答えた。