全1282文字
(写真:PIXTA)

 「新型コロナウイルスが流行し、出かけることができないから家で身の回りの品を整理したところ、若い頃使っていた18金のピアスと指輪が出てきました。どれくらいで売れるかなと思い、近くのリサイクルショップに持ち込んだら6万円以上の値段が付いたのでびっくりです」。こう話すのは、千葉県在住の飯村佳子さん(仮名、65歳)だ。

 飯村さんのような「コロナ断捨離」で思わぬ臨時収入を手にする人が今、増えている。理由は金価格が歴史的な高値圏にあること。金価格の国際指標であるニューヨーク金先物価格はコロナ禍以降、すでに約20%上昇した。9年前に付けた過去最高値の1トロイオンス1923ドルを突破した。

 7月31日には一時1トロイオンス2000ドルを超える史上最高値を付けた。円建ての金価格も1グラム7500円に迫る勢いだ。