全1951文字

 新型コロナウイルスの影響により収入減となる個人が増える中、スマホで申し込みから入金までの手続きが最短即日で完結する融資が注目されている。

 メッセージアプリのLINEが2019年8月から開始した個人向け融資サービス「LINEポケットマネー」は、緊急事態宣言が発令された20年4月から2カ月で24%総貸付残高を伸ばした。4月には、月間新規申込者数が3.9万人と、消費者金融大手・アコムの3.3万人を初めて上回った。LINEクレジットの川崎龍吾・サービス企画チームマネジャーは「消費者金融の店舗や窓口の営業時間短縮などで、足を運べなかった人の受け皿になった面もあったのでは」と話す。

 同サービスは、信用情報や金融機関による従来型の与信審査に加え、LINEの利用パターンなどを基に算出した独自の信用スコア「LINEスコア」を掛け合わせることで、貸付金利(実質年率3~18%)と利用可能額(最大300万円)を決定する。従来型の与信では低く評価されがちなフリーランスや非正規労働者といった人でも、信用力が高く出るケースもあるため、これまでは審査が通らなかった人でもお金を借りられる可能性がある。実際に、年収や役職がまだそれほど高くない20~30代の利用が47%と半分近くを占める。

 1回当たりに借りる額が3万円未満の利用者が6割強、1万円未満が34%と、少額利用の特徴も顕著に出ている。1カ月の間に複数回借りる人も6割を占めている。前出の川崎氏は「日々の生活資金の不足分をその都度補う使われ方をしているようだ」と話す。