株安に金利低下、ドル高、原油安――。世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスは、世界の金融市場に混乱をもたらしている。株式や債券など金融資産が総崩れしているため、利回りを稼げる運用先が見当たらない。380兆円もの運用資産を抱える「生保マネー」こと、生命保険会社の運用は、今後どうなるのだろうか。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 現在、生保各社の2020年度の運用方針が出始めているが、その内容からは行き詰まりの状況が浮かび上がる。これまでも低金利、低成長の運用環境下を生き抜いてきたが「より深い景気後退に陥るリスクを想定している」と、第一生命保険の甲斐章文運用企画部長は語る。同社は今年度、リスクを抑える観点から株式の比率を下げ、国内債券の配分を厚くするとともに、不動産、インフラ投資といったオルタナティブ投資に注力する。

 日本生命保険も、社債中心に国内債券の比率を高くするほか、為替や金利などの動向を勘案しながら、為替ヘッジのない、オープン外債への投資を増やす。富国生命保険や大樹生命保険も、オープン外債の割合を増やしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り878文字 / 全文1330文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「武田安恵の「お金の話をしませんか?」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。