米連邦準備理事会(FRB)が臨時会合を開き、0.5%の利下げを発表したが、米国の株式市場は下げ止まらなかった。世界の投資家が求めるのは、さらに強力な緩和政策。超緩和状態にある日本は、こうした「催促相場」の期待に応えられるのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1071文字 / 全文1079文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「武田安恵の「お金の話をしませんか?」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。