新生銀行とマネックス証券は1月27日、証券分野で包括提携すると発表した。新生銀行の持つ40万超の口座、約5000億円の預かり資産がマネックス証券に移る。マネックスが銀行と提携し、顧客基盤を拡大しようとする動きとも捉えられるが、狙いは別にあるという。その狙いとは何か。マネックスグループの松本大・最高経営責任者(CEO)に聞いた。

新生銀行・新生証券との業務提携の狙いは。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1560文字 / 全文1763文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「武田安恵の「お金の話をしませんか?」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。