スマホやタブレットで衣類を撮影するだけで自動採寸
スマホやタブレットで衣類を撮影するだけで自動採寸

 全国にグループで223店舗のリユースショップを展開するトレジャー・ファクトリーと、AI(人工知能)開発のALBERTは、EC(電子商取引)用の自動採寸システム「クロスキャナ」を共同開発した。

 商品の撮影や採寸、品質タグ情報の原稿作成を指す「ささげ業務」を効率化する。撮影画像からAIが自動採寸し、撮影した品質タグから商品情報を自動入力できるようになり、ささげ業務の時間が約20%短縮できる見込みという。その結果、ECで取り扱う商品点数が1年間で10%増やせることが分かった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り788文字 / 全文1032文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「多田和市がAIワールドを徹底追跡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。