「社名をブルーヨンダーに変えましょうか」

 「CNS社の名前をブルーヨンダーに変えましょうか」

 今年4月の買収合意後、原田がそう冗談を言うと、樋口が笑顔で応じた。サプライチェーン管理ソフトの世界市場では、ブルーヨンダーのブランド力は親会社を上回る。日本での事業拡大も考慮するとパナソニックの知名度は捨てられず、さすがに社名変更とはいかなかったが、現実離れした冗談ではなかった。「ビジネスモデルにおいては、彼らが上だ」と原田は認識している。一流企業を顧客に抱えるブルーヨンダーは、パナソニックにないノウハウを豊富に持ち、世界での勝ち方を教えてくれる「先生」なのだ。

JDAソフトウエアは、自らより圧倒的に小さい会社であるブルーヨンダーの社名に変更した
JDAソフトウエアは、自らより圧倒的に小さい会社であるブルーヨンダーの社名に変更した

 社名変更の話が出たのは、ブルーヨンダー自身がまさにそうした歴史を経てきたからでもあった。米国のJDAソフトウエアが18年、当時の売上高が自身の40分の1にも満たないブルーヨンダーというベンチャー企業を買収した。その2年後、小が大を飲むかのように社名をブルーヨンダーに改めた。JDAの名前を使い続けるよりも、買収先のサービスを押し出した方が今後の業界で存在感を高められると考えたからだ。

 ブルーヨンダーの売上高は非開示だが、直近の決算期では1000億円程度と見込まれる。伸び盛りとはいえ規模がそれほど大きくない企業にパナソニックが7000億円以上の金額を投じたのには、一つの狙いがある。日本企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)がこれから本格化するなかで、ブルーヨンダーのサプライチェーン管理ソフトが大きな鍵を握ると考えたからだ。

 日本企業の多くは、随所にアナログの作業が残る「手組み」のシステムを用いて在庫管理などに取り組んでいる。各社のニーズに合わせてソフト会社がカスタマイズを進めてきたため仕様が複雑化し、かえって人手が必要になるといった非効率も起きている。

 対照的に海外では機能を共通化した「パッケージ」のシステムが主流だ。ブルーヨンダーが提供するクラウド型のサプライチェーン管理ソフトは、こちらに分類される。旧来型の手組みによる在庫管理システムを置き換えられれば「日本企業が抱えるサプライチェーンの課題を解決できる」と樋口は考えた。

樋口は「パナソニックの論理を押しつけてはいけない」という(写真:加藤康)
樋口は「パナソニックの論理を押しつけてはいけない」という(写真:加藤康)

 課題は相乗効果をどこまで出せるかだ。販売、物流、製造などの現場で在庫をデジタル情報として管理するには、カメラやセンサーといった機器が不可欠だ。パナソニックが得意とする分野だが、樋口は自社製品を押しつけようとは考えていない。むしろサプライチェーン管理に関わるハードウエアの開発は、ブルーヨンダーが主導できる仕組みを整えた。メーカーの論理ではなく、ソフトウエア会社が求める製品を開発した方が成長を加速できると考えたからだ。

 かつての失敗の反省もある。初期段階からパナソニックが関与しすぎては、信頼感を醸成できない。「上から目線」を脱してブルーヨンダーの自主性に任せない限り両社の融合は進まず、過去と同じ道を歩みかねない。それでは、巨費を投じて買収した意味はなくなってしまう。

 今回の買収では、パナソニック社内の意思決定プロセスの課題も浮き彫りとなった。グループ戦略会議で反対した役員の多くは他の事業を担当しており、ブルーヨンダーの事業に関する知見が乏しい。十分な判断材料がないため反対せざるを得なかった事情もある。

 今年6月にパナソニック社長に就任した楠見雄規も、車載関連事業のトップを務めていた時代はブルーヨンダー買収に反対していた。「(次期社長に内定し)『自分ごと』としてサプライチェーン管理の現場を見たことで、初めて(ブルーヨンダーの強さを)腹落ちして理解できた」と話す。

 パナソニックは22年4月の持ち株会社制移行に先立ち、10月1日に組織を再編した。事業会社が専門性を持って事業戦略を判断する一方、持ち株会社は長期戦略を議論する。M&Aのような大きな判断には、担当の事業会社と全体を俯瞰(ふかん)する持ち株会社の経営会議メンバーが関わり、他の事業会社トップは関与できない。これで、迅速な経営判断ができる体制に変わる。

 DXを進めるにはハードとソフトの両輪が欠かせない。AI(人工知能)で需要を予測して効率的なサプライチェーンを提供するブルーヨンダーのソフトは、伝統的にハードを強みとしてきたパナソニックと補完関係をつくれる。楠見は「今後の成長に必要なピース」と強調する。M&Aをめぐるトラウマの克服と、ハード一辺倒からソフト企業への脱皮は、パナソニックが抱える2大課題だ。約30年続く低迷から成長路線への転換を図れるか。ブルーヨンダーの買収は、一つの試金石になる。

この記事はシリーズ「中山玲子のパナソニックウオッチ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「1時間で完全理解 『量子コンピューター』は何がすごいのか」

 岸田内閣の「新しい資本主義」の重点投資に組み込まれた量子コンピューター。既存のコンピューターよりも処理速度が速いといわれる量子コンピューターですが、その技術や、我々の社会や経済をどう変える可能性があるのかを理解している人はまだ少ないのではないでしょうか。

 日経ビジネスLIVEでは9月13日(火)19:00~20:00に「1時間で完全理解、 『量子コンピューター』は何がすごいのか」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、住友商事で新規事業創出を担うQXプロジェクト代表・寺部雅能氏と、業界動向に詳しい野村総合研究所IT基盤技術戦略室エキスパート研究員の藤吉栄二氏。量子コンピューターの技術的な特徴から、ビジネス活用の最前線まで分かりやすく解説します。

■開催日:2022年9月13日(火) 19:00~20:00(予定)
■テーマ:1時間で完全理解、「量子コンピューター」は何がすごい?
■講師:寺部雅能氏(住友商事QXプロジェクト代表)、藤吉栄二氏(野村総合研究所IT基盤技術戦略室エキスパート研究員)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)
>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。