「長い自宅待機の後、先生や友達に教室で会えて感動した」。5月7日、上海市内の中学校に久しぶりに登校した2年生の女子生徒は少し緊張した様子でこう語った。

 新型コロナウイルスの流行を封じ込めたとする中国。上海市では学年を区切りながら、段階的に学校が再開され始めた。

 まず対象となったのは高校3年生と中学3年生で、4月27日から登校が認められた。9月に新しい学年が始まる中国では、受験と卒業は夏に行われるため、迅速な学習再開が求められた。ついで中学と高校のそれぞれ2年生の登校が認められた。

登校しての授業が再開した上海市内の中学校。登校する生徒の体温を測る装置が設置されている
授業を受ける生徒

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1291文字 / 全文1544文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題