NECは小野薬品工業と提携し、高速カメラとAI(人工知能)を活用してガラス瓶に入れた液体中の異物を高精度に検知する新技術を開発した。がん免疫薬「オプジーボ」や新型コロナウイルスのワクチンなど、液体の薬品が増えている。人による目視検査を減らすことで増産要請に迅速に対応できるようにするのが狙いだ。2022年度の商用化を目指す。

AIを活用し、ちりの動きで泡か混入物かを判断する
AIを活用し、ちりの動きで泡か混入物かを判断する

 薬液を入れたガラス瓶をロボットが上下にひっくり返すと、複数の気泡が上がっていく。その中には小さな「ちり」が混じっているが、50マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルほどの気泡と識別するのは至難の業だ。従来の画像検査システムは異物と気泡を見分けづらいことがあり、「人間の検査担当者による目視に頼っていたのが実情だった」(小野薬品)。

NECと小野薬品が開発した薬液の検査装置
NECと小野薬品が開発した薬液の検査装置

 そこで両社が開発したのが、AIを用いて動画を解析する装置だ。高速カメラを用い、ロボットがガラス瓶を揺り動かす様子を1秒当たり100枚以上も撮影。気泡や異物の動きをスローモーションのようにして追跡する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り856文字 / 全文1295文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

「キーエンスOBが明かす強さの根源」、全3回ウェビナー開催

■第1回:2022年5月19日(木)19時~(予定)
テーマ:顧客の心をつかむ、キーエンスの「営業しない」営業力
講師:FAプロダクツ 代表取締役会長 天野眞也氏

■第2回:6月2日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:潜在需要が宝の山 キーエンスの高収益生み出す商品開発
講師:コンセプト・シナジー 代表取締役 高杉康成氏

■第3回:6月16日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:「キーエンス流」は世界に通じる、海外事業開拓の極意
講師:インサイトアカデミー 顧問 藤田孝氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。