KDDIがイーロン・マスク氏率いる米スペースXの衛星通信網「スターリンク」の活用を始めた。静岡県熱海市の離島に専用基地局を設置。衛星を通じてKDDIの基幹網につなげる。マスク氏との協業により、圏外を解消するネットワークの構築で競合に一歩先んじる。

 熱海港から船で30分、相模湾に浮かぶ初島。広大な海を背に、高さ約10mの基地局が立っている。KDDIが、スターリンクとつなげるために新設した。

 これまで圏外だったり通信品質が悪かったりした直径1~2kmの範囲をカバー。12月1日から4Gサービスが使えるようになった。

 KDDIは2021年にスペースXとの提携を発表しており、今回が個人向け通信サービスでの初の協業事例となる。

スターリンクの衛星につながる初島の基地局(写真=廣瀬 貴礼、以下同)
スターリンクの衛星につながる初島の基地局(写真=廣瀬 貴礼、以下同)

  通常の通信網では、携帯電話端末のデータはまず近くの基地局へ送られる。次に、複数の基地局がつながっているコアセンターへと、光回線を通って伝送される。この光回線を敷設できないために圏外になっている場所が多くある。スターリンクの衛星が光回線の代わりとなり、基地局とコアセンターを接続する。

観光客は年間16万人

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1308文字 / 全文1784文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。