政府は近く決定する経済対策で、国内での電池工場建設に1000億円程度を補助する見通しだ。世界の自動車市場が急速に電気自動車(EV)へ向かう一方、日本の電池メーカーで一定のシェアがあるのはパナソニックのみ。足元では中国勢と韓国勢がEV向け電池市場の8割を占め、日本勢は苦境に立たされている。

 複数の政府関係者によると、車載用の電池生産への補助政策について最終調整している。トヨタ自動車は2030年に電動車(ハイブリッド車=HVを含む)の販売台数を800万台、ホンダは40年までに全ての新車販売をEVと燃料電池車(FCV)にする目標を掲げる。国は電池を基幹部品と捉え、経済安全保障の観点からも国内のサプライヤーが不可欠と判断。21年度補正予算案にこの補助金を盛り込む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2482文字 / 全文2829文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。