東芝の買収に向け、15社超の日本企業連合が大きな賭けに出た。プライベート・エクイティ(PE)ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)を核とした陣営に入り、約1兆円の出資金をかき集めた。融資を含む買収資金の合計額は2兆円超を想定している。多様な業種からこれほど資金が出るのは異例。「日本勢では無理」との下馬評を覆そうと、関係者らが奔走した。

(写真:ロイター)
(写真:ロイター)

 「日本のファンドと企業の集合体では、巨額M&A(合併・買収)の出資部分さえ集められないんじゃないか?」

 つい2カ月ほど前まで、中央省庁の幹部からもこうした懐疑的な声が聞かれた。その矛先は、国内プライベート・エクイティ(PE)ファンドである日本産業パートナーズ(JIP)の陣営に向けられていた。

 上場企業をいったん買収して非上場化する場合、PEファンドは必要資金のおおむね3分の1〜半分弱を出資金として出し、残りを「シニアローン」と呼ぶ金融機関からの借り入れや、「メザニン」と呼ばれる優先株や劣後ローンなどで賄うのが一般的だ。

 東芝の時価総額は2兆円超なので、少なくとも出資額として7000億円程度は必要とみられていた。海外メディアでも「この規模でファイナンスできるPEファンドは欧米系だろう」との論調が当初は目立った。ただ、東芝は原子力や防衛産業に携わり、改正外為法の規制を受けている。外資主導では買収できず、国内PEファンドが底力を発揮できなければ案件が宙に浮く。今年4月から東芝が始めた企業再編の検討プロセスそのものが、頓挫しかねない状況だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2361文字 / 全文3021文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。