パソコンメーカーVAIO(長野県安曇野市)発のスタートアップ企業、VFR(東京・千代田)はこのほど手のひらサイズのトイドローンを発売した。栃木県の那須にあるアトラクション施設で遊べる企画を2022年1月5日まで実施している。同社が目指すのは空飛ぶ「ミニ四駆」のような存在。ドローン教育などの用途も想定している。

那須にトイドローンで遊べるアトラクションスペースを設けた(写真は会見場で再現されたもの)
那須にトイドローンで遊べるアトラクションスペースを設けた(写真は会見場で再現されたもの)

 VFRは11月2日、トイドローン「VFRee-T01」を発売した。重さわずか21.8グラムで、大きさは縦と横が8cm、厚みは3cm。手のひらに載る同製品は、飛んでいるとハチドリのようだ。バッテリー3個で最大21分飛べる。試しに操作してみたが、簡単に操作できそうに見えて結構、難しい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1310文字 / 全文1618文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。