「5Gのノーマル化を宣言する。あとから振り返って、本日を境に5Gが普通になったと言ってほしい」。シャープが9月11日に開催したスマートフォンの新商品発表会。登壇したパーソナル通信事業部の小林繁事業部長は次世代通信規格「5G」対応スマホの普及に向けてこう意気込んだ。

シャープが発表した5G対応のスマートフォンの新機種

 11日に発表した5Gスマホは「AQUOS zero5G basic」と「AQUOS sense5G」の2機種。「身震いするようなフラグシップモデルではない」と小林事業部長が話す通り、5Gのスタンダードモデルとして位置付ける。

 注目は、普及価格帯となるスマホシリーズの名を冠した「sense5G」だ。2020年冬以降の発売を予定しており、現時点ではキャリア(通信事業者)などの販路や価格は明らかにしていない。価格について関係者は「これまでのsenseシリーズと大きく変わらない」としており、3万~4万円台で販売されるもようだ。

 「格安5Gスマホ」と言える意欲作だが、シャープ自身は「日常生活で役に立つ、普通の5G」(パーソナル通信事業部の清水寛幸課長)と説明する。省エネ性に優れた「IGZO」液晶や4570mAh(ミリアンペア時)の大容量電池を搭載して、「5Gでも安心の電池持ちを実現した」(清水課長)。電池での稼働時間は普段使いなら1週間、動画再生は12時間、ビデオ電話は5時間という。背面には標準・広角・望遠の「トリプルカメラ」を搭載するほか、OS(基本ソフト)はアンドロイドの最新版「11」に対応する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り897文字 / 全文1541文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「佐伯真也の「日の丸電機サバイバル」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。