世界に広がるDX(デジタルトランスフォーメーション)の大きなうねり。コンサルティングやIT(情報技術)、電機各社が産業の垣根を越えて競い合う。日立製作所といえども挑戦者であることを忘れてはならない。

■連載予定 ※内容は変更する場合があります
(1)日立の大変革を先導 米グローバルロジックの実力
(2)「日立時間」から脱却 買収企業に学ぶアジャイル文化
(3)デジタル人材10万人計画 日立、独自資格や研修充実
(4)沈む巨艦に大なた 日立歴代3トップが構造改革できた理由
(5)日立の東原会長が描いた改革「サイロを壊し、黒船を呼び込んだ」
(6)日立は世界で勝てるか DX、敵はシュナイダーやアクセンチュア(今回)
(7)日立の小島社長「GAFAのように俊敏でないと負ける」
(8)日立がグローバルリーダーになるには「多様性が不可欠」伊出身常務

 東京・品川区大崎になかなか予約が取れない人気のショールームがある。独シーメンス日本法人本社の一角にあるラボ施設だ。世界約40カ所に展開している顧客向けの体験型施設で、日本では2022年6月に開いた。リアルとデジタルの融合技術「デジタルツイン」の活用の仕方を学べる。

 「どうぞ見比べてください。わずかなズレもありません」。シーメンス・デジタルインダストリーズの鴫原琢部長が、ディスプレー上に映る2台の作業用アームロボットについて解説する。1台は室内にある実物のロボットと連動し、もう1台は仮想空間上のシミュレーションの中で動く。

シーメンスが6月に開いたラボ施設では、顧客企業が製造現場にデジタル技術をどう導入できるのか体験できる
シーメンスが6月に開いたラボ施設では、顧客企業が製造現場にデジタル技術をどう導入できるのか体験できる

 製造業では製造工程の改良や設備改修をする場合、仮想空間に実際の工場のデータを使った「バーチャル工場」を構築してシミュレーションする企業が増えている。高い精度でデータを連携させることが重要で、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」ソリューションに強いシーメンスが得意とする分野だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2790文字 / 全文3582文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。