ソニーは27日、自社開発のEV(電気自動車)を東京・品川のソニー本社で報道陣に公開した。車名は「VISION-S(ビジョンエス)」。今年1月に米ラスベガスで開催されたデジタル見本市「CES」で発表したもので、国内では今回が初披露となる。

ソニーが開発したEV「VISION-S」
ソニーが開発したEV「VISION-S」

 「新型コロナウイルスの感染拡大という想定外はあったが、自動車メーカーや(ティア1などの)サプライヤーからの反響は思っていた以上だった」。VISION-Sの開発トップを務める川西泉執行役員は、発表から半年強の手応えをこう口にした。

 VISION-Sは、ソニーが2018年春から約2年をかけて開発したEVのコンセプトモデル。車両の製作は、トヨタ自動車と独BMWが協業したスポーツカー「スープラ」など完成車の受託生産で実績を持つオーストリアのマグナ・シュタイヤーが手掛けた。独ボッシュや独ZFなど欧州のメガサプライヤー、米半導体大手のクアルコムやエヌビディアなどに参画してもらい、短期間での開発を実現した。

操作系はスマホそのもの

 ソニーは「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)時代のクルマの姿を安全性とエンターテインメント性の両面から模索している。27日にソニーがアピールしたのはエンタメ性だ。スマートフォンのアプリでEVのカギを開けると、車体の前方からドア方向へ光が流れるように表示される。ドアが開くと車内を照らす“演出”でユーザーを出迎える。

スマートフォンのアプリや専用カードでドアの開閉が可能
スマートフォンのアプリや専用カードでドアの開閉が可能

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り920文字 / 全文1529文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。