東芝の社外取締役を務めている綿引万里子・元名古屋高等裁判所長官が6月28日午後、同社に辞表を出したことが日経ビジネスの取材で分かった。同日開かれた定時株主総会で、同氏は再任されたばかり。物言う株主(アクティビスト)から現役幹部2人が社外取締役に選出され、今後の会社再編プロセスが公正ではなくなるとの懸念から抗議の退出となる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1242文字 / 全文1414文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。