東芝が6月28日に開く株主総会に向け、一部の取締役候補に対して内部で反対意見があったことを株主に開示することが分かった。招集通知に、取締役会などで懸念が挙がったことを注記する方向で最終調整している。株主総会に会社が出す議案について、自ら異論があったと公表するのは異例だ。

東芝は招集通知の中で、取締役の選任議案について内部で異論があった点に言及する(写真=AP/アフロ)
東芝は招集通知の中で、取締役の選任議案について内部で異論があった点に言及する(写真=AP/アフロ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1228文字 / 全文1372文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。