NTTの社長に島田明副社長(64)が昇格する見通しとなった。6月の株主総会後に就任する。グループ再編を実行した澤田純社長(66)が「動」なら、人事が長く常に落ち着いた島田氏は「静」。同社として26年ぶりに代表権のある会長に就く澤田氏と、“異例のトップ分業”になる。

 「アグレッシブな澤田さんと、手堅くて実直な島田さんは対極のような存在。バランスが取れているのではないか」

 NTTグループの中堅社員は、6月からNTT新体制を引っ張る2トップの印象をこう語る。4年ぶりとなる社長交代は4月26日以降、各紙が報道した。

島田明副社長は1981年に日本電信電話公社(現NTT)に入社した。人事のエキスパートだ(写真=共同通信)
島田明副社長は1981年に日本電信電話公社(現NTT)に入社した。人事のエキスパートだ(写真=共同通信)

 澤田氏は京都大学工学部を出て技術に明るく、NTT復権への一つの道として次世代通信規格「6G」向けの光通信技術「IOWN(アイオン)」を打ち出した。NTTドコモの完全子会社化に4兆円を投じるなどグループ再編も進め、GAFAなど世界のIT(情報技術)大手の勢いに押されてきた中で、反転攻勢に動いた。

 「澤田さんを動とすれば島田さんは静で、人事のエキスパート」。NTT社員はこう語る。

 島田氏は民営化の4年前にあたる1981年に日本電信電話公社(現NTT)に入社。NTT西日本の財務部長、NTT東日本の総務人事部長などを歴任し、2012年にはNTTの取締役総務部門長に就いた。18年から副社長を務めCFO(最高財務責任者)、事業戦略の責任者として澤田氏を支えた。

敵をつくらない

 NTT東での総務人事部長時代を知るある社員は、周囲に常に目を配る島田氏の姿を覚えている。

 「若手を10人ほど集めて頻繁に昼食に誘って、社員がどうしているか気にかけていた」「入社3年目の若手でも、気を張らずに話ができる人だった」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1084文字 / 全文1802文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。