東芝の株価急騰により、同社を買収する案はピンチを迎えかねない。これまで複数の株主が株価上昇を願うと共に、買収による非上場化も求めてきた。ただ、市場の期待先行で価格が上がりすぎると、TOB(株式公開買い付け)が困難になる。買収には海外独禁法当局の審査というハードルも浮上しており、くぐり抜けるには相当な工夫が必要だ。

東芝は21日夜、非公開化を含め同社への再編提案を募集すると表明した(写真:AP/アフロ)
東芝は21日夜、非公開化を含め同社への再編提案を募集すると表明した(写真:AP/アフロ)

 「一般的な株主の期待が膨らみすぎて、市場は過熱状態だ。すでに東芝のフェアバリュー(適正価値)を大きく上回っている」――複数の金融関係者は、22日の東芝株価の推移を見て懸念を漏らした。日中取引では一時的に5496円をつけ、2013年5月以来、約9年ぶりの高値(18年に実施した株式併合の効果を換算)となった。終値ベースでも前日比240円(4.7%)高の5400円と、やはり9年ぶりの高値だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 株価が急上昇したきっかけは、東芝が21日夜に発表した内容だ。同社を買収して非公開化することを含め、同社への再編提案を募集すると表明した。「実現可能な案」が出てきたら、6月予定の定時株主総会より前に、買収提案の数を公表。さらに総会後、こうしたファンドに対して東芝へのデューデリジェンス(資産査定)の機会を設ける。財務アドバイザーに野村証券、法務アドバイザーには西村あさひ法律事務所が就いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1517文字 / 全文2074文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。