日立製作所は2022年度中にも週休3日を可能にする新たな勤務制度を導入する。NECやパナソニックホールディングス(HD)も検討中だ。電機・IT(情報技術)業界で「週休3日」導入が広がる背景には、人材の激しい獲得競争がある。

日立製作所は時間ではなく成果を重視する雇用の仕組みを整える(写真は日立のジョブ型インターンシップの様子)
日立製作所は時間ではなく成果を重視する雇用の仕組みを整える(写真は日立のジョブ型インターンシップの様子)

 「子供の学校行事に参加しやすくなる」「リスキリング(学び直し)に挑戦する」──。日立製作所で働く従業員はこれから始まる新しい働き方を心待ちにする。2022年度中にも、3.75時間だった1日の最低勤務時間を廃止する。働き手は月の総労働時間を確保すれば、就業日ごとに働く時間を決められる。勤務日に長く働く代わりに、非就業日を設けて、「週休3日」にできる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1359文字 / 全文1654文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。