半導体不足がオーディオ各社の経営を試している。ソニーグループは4月1日から国内向け家電の出荷価格を引き上げる。オンキヨーホームエンターテイメントは28日、子会社2社の破産手続きが始まったと発表した。ここ数年、出荷の減少が続くオーディオ業界は、半導体不足下で他業種に増して競争力が問われている。

 「悩んでいた方はお早めに!」

 兵庫県小野市のソニーショップ、ワンズの担当者は3月25日、自社のホームページにこう書き込んだ。前日の24日、ソニーが一部製品の出荷額値上げを発表しており、駆け込み需要に期待してのことだった。都内のソニーショップではすでに15万円~20万円前後のサウンドバーやスピーカーなどを中心に一部駆け込み需要が出ている模様だ。

エトキ:ソニーはサウンドバーなど109製品を値上げする(写真=AFP/アフロ)
エトキ:ソニーはサウンドバーなど109製品を値上げする(写真=AFP/アフロ)

 ソニーが4月から値上げするのは、サウンドバーやホームシアターシステムなどのオーディオやカメラ、ブルーレイ・ディスクプレーヤーなど109製品。国内向け出荷価格を、3~31%値上げする。大規模な値上げは7年ぶりとなる。

 オーディオを中心に「製品寿命が長いものが対象」(ソニーマーケティング)という。毎年、新製品が出るものは、その都度価格を調整できるが、数年前のモデルを継続的に販売するオーディオなどは数年前のコスト計算では割に合わない。

 2013年に発売したスピーカーシステムの場合、希望小売価格ベースで26%増の33万円に価格を引き上げる。値上げ幅は7万円弱と大きい。ロングセラー商品だが、値上げを消費者がどこまで受け入れるかが試されることになる。

ソニーが7万円弱値上げするスピーカーシステム
ソニーが7万円弱値上げするスピーカーシステム

 ソニーだけではない。家電製品の中でオーディオの値上げが顕著だ。オーディオテクニカ(東京都町田市)も4月からプロ向けのヘッドホンや、ユーチューバーなどが自宅の収録などで使うプロ向けのマイクなど12製品を3%~19%値上げする。値上げするのは比較的同社の中でも主力のモデルだ。

 「デノン」や「マランツ」などのブランドを持つディーアンドエムホールディングス(川崎市)も1月下旬に価格引き上げを発表。だが供給のめどが立たず、その2週間後に同じモデルの受注を止めざるを得なかった。

半導体の調達先が特定企業に集中

 各社が値上げに踏み切る理由の一つが半導体不足だ。オーディオで使われる半導体は、「音作りに直結するため、比較的趣向性が高い。白物家電などで使われる汎用性の高い半導体よりも、部品の調達先が特定のメーカーに集中しやすく価格の高騰につながった」(業界関係者)。結果として、業界では多くの企業が価格を引き上げたり、供給がストップしたりしている。

次ページ 「半導体の供給が戻るまで待つのはやめよう」