半導体不足がオーディオ各社の経営を試している。ソニーグループは4月1日から国内向け家電の出荷価格を引き上げる。オンキヨーホームエンターテイメントは28日、子会社2社の破産手続きが始まったと発表した。ここ数年、出荷の減少が続くオーディオ業界は、半導体不足下で他業種に増して競争力が問われている。

 「悩んでいた方はお早めに!」

 兵庫県小野市のソニーショップ、ワンズの担当者は3月25日、自社のホームページにこう書き込んだ。前日の24日、ソニーが一部製品の出荷額値上げを発表しており、駆け込み需要に期待してのことだった。都内のソニーショップではすでに15万円~20万円前後のサウンドバーやスピーカーなどを中心に一部駆け込み需要が出ている模様だ。

エトキ:ソニーはサウンドバーなど109製品を値上げする(写真=AFP/アフロ)
エトキ:ソニーはサウンドバーなど109製品を値上げする(写真=AFP/アフロ)

 ソニーが4月から値上げするのは、サウンドバーやホームシアターシステムなどのオーディオやカメラ、ブルーレイ・ディスクプレーヤーなど109製品。国内向け出荷価格を、3~31%値上げする。大規模な値上げは7年ぶりとなる。

 オーディオを中心に「製品寿命が長いものが対象」(ソニーマーケティング)という。毎年、新製品が出るものは、その都度価格を調整できるが、数年前のモデルを継続的に販売するオーディオなどは数年前のコスト計算では割に合わない。

 2013年に発売したスピーカーシステムの場合、希望小売価格ベースで26%増の33万円に価格を引き上げる。値上げ幅は7万円弱と大きい。ロングセラー商品だが、値上げを消費者がどこまで受け入れるかが試されることになる。

ソニーが7万円弱値上げするスピーカーシステム
ソニーが7万円弱値上げするスピーカーシステム

 ソニーだけではない。家電製品の中でオーディオの値上げが顕著だ。オーディオテクニカ(東京都町田市)も4月からプロ向けのヘッドホンや、ユーチューバーなどが自宅の収録などで使うプロ向けのマイクなど12製品を3%~19%値上げする。値上げするのは比較的同社の中でも主力のモデルだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1372文字 / 全文2160文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。