ソニーは2月25日、耳をふさがない“穴あき”型のイヤホンを発売する。人と話しながら音楽を聴いたり、オンライン会議をしたりする「ながら聴き」に対応するのが特徴。人気AR(拡張現実)モバイルゲームの「ポケモンGO」を手掛ける米ナイアンティックとのタッグも打ち出した。世界的にワイヤレスイヤホンの市場が激化する中、「体験」で消費者を引き付けられるか。

「LinkBuds(リンクバッズ)」は穴が開いた構造がユニークだ
「LinkBuds(リンクバッズ)」は穴が開いた構造がユニークだ

 「本日、ヘッドホンを再定義します。新製品では究極の『ながら聴き』が可能。人生を2倍楽しめる」

 ソニーは2月16日、完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds(リンクバッズ)」を発表した。オンラインで開催した記者会見に登壇したモバイルプロダクト事業部の中村裕事業部長は、「新構造」のイヤホンについてこう自信を見せた。

リンクバッズの使用イメージ。音楽や会議を聴いていても外す必要がない
リンクバッズの使用イメージ。音楽や会議を聴いていても外す必要がない

 リンクバッズの特徴は、イヤホン中央に小さな穴を空けて耳を完全にふさがない構造を採用したことだ。スウェーデンの「スポティファイ」など、音楽配信のストリーミングサービスの普及で生活の中でオーディオコンテンツに接する機会が増え、Z世代を中心に「ながら聴き」へのニーズが高まっていることに対応する。

 重さは片側約4.1gと、現行の完全ワイヤレスイヤホンの主力機種の半分程度に小型化した。ソニーの同ジャンルの製品として最小・最軽量で、装着性も「耳に着けているのを忘れるほど」(同社)の感覚という。2月25日に発売し、価格は税込みで2万3000円前後を見込む。

「ポケGO」のナイアンティックとタッグ

 ソニーがわざわざイヤホンの記者会見を開催したのは、新構造を採用したからだけではない。「さまざまな企業と連携して新たな音体験を創造する」(同社)ことをアピールするためだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1690文字 / 全文2408文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。