ヤマダホールディングス(HD)とアマゾンジャパン(東京・目黒)は2月17日、動画配信機器「ファイアTV」を内蔵したスマートテレビを共同開発したと発表した。販売面でも提携する。家電量販最大手とEC(電子商取引)最大手がタッグを組むのは異例だ。

 「ハードウエアだけでは十分な提案はできない。アマゾンさんとの協業でイノベーションを発揮することにより、先取りして価値を生み出していきたい。これをきっかけに、ぜひお願いしたい」

スマートテレビの販売を発表したアマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長(左)とヤマダHDの山田昇会長兼社長(写真:吉成大輔、以下同)
スマートテレビの販売を発表したアマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長(左)とヤマダHDの山田昇会長兼社長(写真:吉成大輔、以下同)

 17日の記者会見。ヤマダHDの山田昇会長兼社長はアマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長に向き合い、そうラブコールを送った。

 この日発表したのは、アマゾンのネット動画配信機器「ファイアTV」を内蔵した国内初のスマートテレビ。音声認識AI(人工知能)「アレクサ」を搭載し、リモコンにタイトル名やジャンル名、俳優の名前を話しかけて動画コンテンツを検索したり、地上波のチャンネルを変更できたりする手軽さが特徴だ。32~55インチまでの4サイズを展開し、価格は税込み5万4780円~14万2780円。アマゾンでは17日に予約を開始したほか、3月5日からはヤマダ店舗や同社のウェブサイトでも販売する。

 アマゾンをはじめとしたネット通販は低価格や利便性を武器に家電量販店から市場を奪ってきた経緯がある。BCN総研の道越一郎アナリストは「家電量販店の多くがEC強化を重要課題に掲げる中で、立ちはだかってきた『最大のライバル』でもあるアマゾンと手を組むというのは意外だった」と驚く。

 山田氏がアマゾンを強く意識していたのは、約1年前の日経ビジネスのインタビュー(ヤマダHD会長「アマゾンさんは勝てませんよ、この業界では」)からもうかがえる。山田氏は「ネット社会でも、我々が扱っている自宅にうかがって設置するような商品は、実店舗を持つ専門店としてのサービスがやっぱり必要なんです」と強調し、こう述べて対抗意識をのぞかせていた。「だからいくら頑張ったってアマゾンさんは勝てませんよ」。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り980文字 / 全文1829文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日の丸電機サバイバル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。