会社の2分割案を発表した東芝に対し、一部の大株主がITサービス事業や半導体製造装置事業なども追加売却するよう要求していることが複数の関係者への取材で分かった。これまで複数のもの言う株主(アクティビスト)が非上場化を実施するよう求めてきたが、同社は3分割案を2分割案に修正、空調事業などの売却を選択した。しかし株価は思うように上がらず、株主から不満が出ている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1879文字 / 全文1891文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題