旧社名の「日本合成ゴム」の由来でもあるエラストマー事業の売却を2021年5月に決めたJSR。祖業に別れを告げて照準を絞ったのはデジタルソリューション事業とライフサイエンス事業の2つ。このうちライフサイエンス事業については、24年度まで年平均20%成長し、24年度の全社目標である「コア営業利益600億円以上」の3分の1を稼ぎ出す目標を掲げる。18年度に黒字化したばかりのライフサイエンス事業で強気の見通しを掲げる根拠はどこにあるのか。

JSRのライフサイエンス事業のけん引役である米KBIバイオファーマが米ノースカロライナ州に新設した製造拠点
JSRのライフサイエンス事業のけん引役である米KBIバイオファーマが米ノースカロライナ州に新設した製造拠点

 「中期計画の目標達成は射程圏内にある」。12月8日にJSRが開いたライフサイエンス事業の説明会で、JSRの執行役員を務めるティム・ローリー・ライフサイエンス事業部長は胸を張った。

 19年6月に小柴満信・現名誉会長の後を継いで経営トップに就いたエリック・ジョンソンCEO(最高経営責任者)の下、JSRは半導体材料などを中心とする「デジタルソリューション事業」と創薬支援サービスなどの「ライフサイエンス事業」に注力する方針を打ち出した。24年度(25年3月期)を最終年度とする中期経営方針では、24年度に自己資本利益率(ROE)を10%以上、コア営業利益を過去最高となる600億円以上にする目標を掲げている。

 JSRがライフサイエンス事業に乗り出したのは、1980年代に診断用材料の提供を開始したことがきっかけだ。そして2013年に診断薬や研究用試薬などを手掛ける医学生物学研究所(MBL)に資本参加して以降、積極的なM&A(合併・買収)と投資で事業規模を急拡大させている。ただし、ライフサイエンス事業が黒字化したのは3年前の18年度からだ。それでもローリー事業部長が目標達成に自信を見せるのは、M&Aで獲得した医薬品開発製造受託(CDMO)や医薬品開発受託(CRO)などのサービス事業が絶好調だからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2086文字 / 全文2868文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「橋本宗明が医薬・医療の先を読む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。