米ファイザーとドイツのビオンテックは11月9日、両社で開発中の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン「BNT162b2」について、第3相臨床試験のデータを中間解析したところ、90%以上の有効性を示したと発表した。有効率の高さは驚きを持って受け止められ、同日のダウ平均株価が一時1600ドル以上も上昇した。

トルコ・アンカラでの第3相試験。医療従事者が注射している(写真:Abaca/アフロ)

 BNT162b2の第3相試験は、米国、ブラジル、ドイツなどの154施設で行われ、11月8日までに約4万人弱が2回の接種を受けた。臨床試験は半数がワクチン、半数がプラセボ(偽薬)を、21日間空けて接種するという設計だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1351文字 / 全文1633文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「橋本宗明が医薬・医療の先を読む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。