新型コロナウイルス感染症向けワクチンは、米政府によるワープスピード作戦などのおかげでパンデミック(世界的大流行)の発生からわずか1年で実用化されたが、ワクチンの開発には通常なら10年近い歳月がかかるともいわれている。実際、武田薬品工業が開発してきたデング熱ワクチン「TAK-003」は約10年の開発期間を経て、ようやくグローバルワクチンとしての実用化が見えてきた。

デング熱を媒介するネッタイシマカ。写真=米疾病対策センター
デング熱を媒介するネッタイシマカ。写真=米疾病対策センター

 「10年以上にわたる研究開発の集大成だ」。武田薬品工業の研究開発部門トップであるアンディー・プランプ・リサーチ&デベロップメントプレジデントは10月27日の決算説明会で、TAK-003が欧州で承認される可能性が高まったことに対して、感慨深げにこう口にした。

 TAK-003は10月14日、欧州連合(EU)の規制当局である欧州医薬品庁(EMA)の下部組織である欧州医薬品評価委員会(CHMP)から、EUとEU-M4allという制度に参加しているデング熱の流行国で、4歳以上を対象に承認を推奨することに肯定的見解を得た。既存のデング熱ワクチンは、デング熱に感染した経験がある人でなければ使えないが、TAK-003は感染経験の有無に関係なく利用できるワクチンになりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1898文字 / 全文2425文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「橋本宗明が医薬・医療の先を読む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。