リボヌクレオチドという物質が20個程度つながってできたRNA干渉(RNAi)薬と呼ばれるタイプの治療薬がある。2006年にノーベル生理学・医学賞の受賞対象となった生命科学現象に基づいて創薬されたもので、米アルナイラム・ファーマシューティカルズが同分野のリーダー企業として知られる。同社は22年9月26日、日本で3つ目となるRNAi薬の承認を取得した。3製品はいずれも希少な遺伝性疾患を対象にしたものだが、米欧ではライセンス先のノバルティスがコレステロールを低下させる循環器疾患向けのRNAi薬の承認を取得している。

 「18年に米国で初めて承認を取得して以来、4年間で5つのRNAi薬を発売してきた。最初は希少疾患を対象に研究開発に取り組んできたが、循環器領域などの、より一般的な疾患をターゲットにできるようになってきた。RNAi薬は新たな章が始まった」。このほど来日したイボンヌ・グリーンストリート最高経営責任者(CEO)はこう口にした。

米アルナイラム・ファーマシューティカルズのイボンヌ・グリーンストリート最高経営責任者(CEO)(写真=柴仁人、以下同)
米アルナイラム・ファーマシューティカルズのイボンヌ・グリーンストリート最高経営責任者(CEO)(写真=柴仁人、以下同)

 アルナイラムでは02年の設立から21年まで、現在、武田薬品工業の社外取締役などに就くジョン・マラガノア氏がCEOを務めてきたが、21年後半にグリーンストリートCEOに交代した。医師でもあるグリーンストリートCEOは、英グラクソ・スミスクライン、米ファイザーなどを経て、16年に最高執行責任者(COO)としてアルナイラム入りした。

 来日したグリーンストリートCEOに、RNAi薬の可能性や、アルナイラムの成長戦略などを聞く機会があった。まず、RNAi薬について少し説明しておこう。

 新型コロナウイルス感染症向けのワクチンとして活躍したメッセンジャーRNA(mRNA)については多くの説明は不要だろう。ヒトの体内では、DNAから成るゲノムに記録された遺伝情報がmRNAに写し取られ、mRNAの核酸の配列に基づいてたんぱく質がつくられる。「セントラルドグマ」と呼ばれるこの現象を利用し、体外で人工的につくったmRNAの配列情報を基に、体内で抗原たんぱく質をつくって免疫反応を誘導するのがmRNAワクチンだ。新型コロナワクチンではmRNAの配列情報は、ウイルスが持つスパイクたんぱく質に関するものだったが、その配列を特定の酵素のものに置き換えると、体内で酵素をつくり出し、その酵素の欠損で生じる病気の治療薬として使えると考えられている。mRNAはたんぱく質の設計図なので、一般的には数百から数千のヌクレオチドが長くつながった構造をしている。

 RNAi薬もやはり体外で合成したRNAを使った医薬品だが、こちらは体内でたんぱく質をつくるのではなく、相補的な配列を持つmRNAに働きかけて分解し、そのmRNAがたんぱく質をつくるのを妨げる。短いRNAがmRNAを分解する現象は、哺乳動物などに自然に備わるもので、RNA干渉(RNAi)という。アルナイラムは20程度の短い2本鎖のRNA(siRNA)がRNAiを引き起こすことに着目し、医薬品としての研究開発に取り組んできた。

 「特定のたんぱく質の産生を抑えるので、異常なたんぱく質が原因の疾患の治療に使える。そういう疾患が実は少なくない」とグリーンストリートCEOは説明する。例えば同社が最初に承認を取得した「オンパットロ」は、トランスサイレチン(TTR)型家族性アミロイドポリニューロパチーと呼ばれる遺伝性疾患の治療薬だ。この疾患は、TTR遺伝子に変異があるために細胞外にたんぱく質が蓄積して発症する。オンパットロを点滴で投与すると血流に乗って肝臓に取り込まれ、肝細胞でのTTRたんぱく質の産生を抑える。

 アルナイラムはRNAi薬を肝臓に届きやすくするためのデリバリー技術の1つに脂質ナノ粒子(LNP)を利用しており、その特許も数多く保有している。米モデルナ、米ファイザーとドイツのビオンテックはmRNAワクチンのデリバリー技術としてLNPを利用したため、22年3月にアルナイラムはLNPの特許を侵害しているとしてモデルナとファイザーを提訴している。

 そして、このデリバリー技術の革新が、RNAi薬の可能性を大きく広げた。グリーンストリートCEOが、「新たな章が始まった」というのは、デリバリー技術の革新を指している。

次ページ 中枢神経疾患の治療薬として期待