(写真=ロイター/アフロ)
(写真=ロイター/アフロ)

 中外製薬が2022年上半期の決算を発表した。売上収益が前年同期比52.8%増の5962億円、営業利益は同78.5%増の2869億円、四半期利益は同72.9%増の2042億円と好調な結果となった。この中には22年3月に締結した米アレクシオン・ファーマシューティカルズとの特許紛争の和解に伴って受領した7億7500万ドルが含まれている。ただ、その影響を除いたコア売上収益でも、22年上半期は前年同期を29.2%上回る5043億円、コア営業利益も同21.5%増の2014億円と好調だった。

 もっとも、2022年上期の好業績の背景には新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の医薬品の存在がある。2021年7月に日本で特例承認された抗体カクテル療法薬の「ロナプリーブ」は同社の国内売上高を前年同期よりも608億円押し上げた。中外製薬が創製した抗体医薬の「アクテムラ」も2021年6月に米国でCOVID-19に対する緊急使用許可を取得し、欧州でも2021年12月、日本でも2022年1月に承認を取得。2022年上期のアクテムラの海外売上高は前年同期よりも255億円増加した。

 従って、ロナプリーブやアクテムラの売上高は、今後、COVID-19の流行が収束すれば急減するリスクがある。2022年下期に、予想通り通期のコア売上収益で前年同期比15.0%増の1兆1500億円、コア営業利益で同1.4%増の4400億円という数字を達成できたとしても、2023年に業績が失速する事態を招かないだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1310文字 / 全文1963文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「橋本宗明が医薬・医療の先を読む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。