塩野義製薬は7月19日、東京大発ベンチャーのHanaVax(ハナバックス、東京・中央、石丸瑞洋社長)と新型コロナウイルス感染症(COVID-19 )向けワクチンの開発でライセンス契約を締結したと発表した。

 HanaVaxは鼻腔(びくう)に投与するタイプのワクチンの基盤技術を有するベンチャーだ。注射で投与する通常タイプのコロナワクチンの開発を進めている塩野義が、HanaVaxと提携した意義は何なのか。

現在のコロナワクチンは筋肉注射で投与するが、経鼻ワクチンなら、注射器も打ち手も必要なくなる
現在のコロナワクチンは筋肉注射で投与するが、経鼻ワクチンなら、注射器も打ち手も必要なくなる

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1459文字 / 全文1671文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「橋本宗明が医薬・医療の先を読む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。