楽天メディカル副会長兼共同最高経営責任者(Co-CEO)の三木谷浩史氏(写真:小林淳)
楽天メディカル副会長兼共同最高経営責任者(Co-CEO)の三木谷浩史氏(写真:小林淳)

 楽天メディカルは2022年6月1日、制御性T細胞という免疫に関わる細胞を標的としたがん治療法の開発について、国立研究開発法人の日本医療研究開発機構(AMED)と契約したと発表した。今後、AMEDより5年間で最大10億円の資金支援を受け、初期的な臨床試験を行う。

 楽天メディカルは、米国立衛生研究所(NIH)に所属する小林久隆氏が考案した光免疫療法に着目し、頭頸(けい)部がんを対象に開発を進めてきた。がん細胞の表面にあるEGFR(上皮成長因子受容体)というたんぱく質に結合する抗体と、光に反応する薬物を結合した「アキャルックス」という名称の抗がん剤は、現在、日本以外のグローバルで最終段階となる第3相の臨床試験を行っており、日本では2020年9月に厚生労働省から条件付き早期承認制度の下での承認を取得した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1426文字 / 全文1786文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「橋本宗明が医薬・医療の先を読む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。