米モデルナのポール・バートン最高医療責任者(CMO)
米モデルナのポール・バートン最高医療責任者(CMO)

 メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン「スパイクバックス」を開発し、世界中に供給して一躍巨大企業となった米モデルナ。2021年12月期の売上高は前期比23倍の184億ドルで、前年同期にマイナス7億ドルだった最終利益は122億ドルに達した。1ドル126円で換算すると売上高は2兆3000億円を超え、国内で2位の製薬企業である大塚ホールディングスを大きく上回る。

 このほど来日した同社の最高医療責任者(CMO)であるポール・バートン氏が単独インタビューに応じ、研究開発や今後の戦略などを語った。インタビューの前に行った記者会見での説明も交えて、同社の次の戦略を紹介する。

 米マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置く米モデルナは2010年に設立されて以来、たんぱく質の設計図であるmRNAを利用した医薬品の実用化を目指して研究を重ねてきた。2013年には英アストラゼネカと、循環器疾患、代謝性疾患、腎疾患とがんに対するmRNA医薬の開発で提携している。

 その研究の積み重ねが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によりmRNAワクチンという形で開花したわけだが、それ以前からmRNA医薬の臨床試験を行ってきた。例えばアストラゼネカとの循環器領域での共同開発品については、2016年に臨床試験を開始している。

 COVID-19ワクチンというたった1つの製品で、世界の大手に躍り出た同社だが、大手製薬として生き残っていくためには、これに続く製品群が不可欠だ。次にどのような種を仕込んでいるのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2299文字 / 全文2970文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「橋本宗明が医薬・医療の先を読む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。