シンガポールに本社を置くちとせバイオエボリューションは、微細藻類を、燃料やプラスチック、化粧品、機能性食品など様々な用途に活用するプロジェクトを4月に開始した。

ちとせバイオが想定する、藻を活用した製品のイメージ
ちとせバイオが想定する、藻を活用した製品のイメージ

 ENEOSや三井化学、ホンダ、三菱ケミカル、花王などの企業や地方自治体など、現時点で20組織が参加するこのプロジェクトは、藻類を原油のように使い尽くすことで採算性を高め、化石燃料に置き換えていくことを目指す。各企業と共同で藻類の様々な用途での事業開発に取り組む一方で、2025年には東京ドーム400個分に相当する2000haの藻類培養設備も建設する計画だ。

お祭りのように産業を作り上げていきたい

 ちとせバイオが立ち上げたプロジェクトの名称は「MATSURI(マツリ)」。「Microalgae Towards SUstainable & Resilient Industry」、つまり「微細藻類によるサステナブルでレジリエントな産業の実現へ」という文章の頭文字から成る。ちとせバイオの藤田朋宏最高経営責任者(CEO)は、「年度内には参加企業を100社に増やし、みんなでお祭りのように産業を作り上げていきたい」と意気込みを語る。

 プロジェクトに参加する企業は年間90万~450万円の費用を負担。参加者で検討会を開催して藻類産業の中での役割分担を決め、共同研究開発のテーマごとに参加者を募って研究開発に取り組む。

MATSURIに参加している企業や自治体など
MATSURIに参加している企業や自治体など
[画像のクリックで拡大表示]

 ちとせバイオのグループでは、これまでに国内外で藻類の培養技術の確立や事業化に取り組んできた。子会社のタベルモ(東京・千代田、藤田朋宏CEO)では、スピルリナと呼ばれる微細藻類をスーパーなどで食材として販売するほか、ジュースバーやレストランなどに供給している。

続きを読む 2/3 藻類産業のエコシステムを

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1062文字 / 全文2791文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「橋本宗明が医薬・医療の先を読む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。