アビガンなど、新型コロナウイルス感染症への対抗策の開発が進められているが、重症化した患者に対しては、抗ウイルス薬の効果は期待しにくい。ただ、その一方で、重症化に伴って生じる症状にも、対抗手段となる治療法の開発が進められている。

テルモの装置にD2000吸着カートリッジを取り付けたところ
テルモの装置にD2000吸着カートリッジを取り付けたところ

 大手医療機器メーカーのテルモは4月13日、同社の遠心型血液成分分離装置「スペクトラオプティア」が米食品医薬品局(FDA)から9日付で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する緊急使用の許諾を受けたと発表した。

 スイスのマーカー・セラピューティクスの「D2000吸着カートリッジ」と組み合わせ、呼吸不全で集中治療室に入院している18歳以上の患者に使用することが条件となる。公衆衛生の緊急事態である期間限定の許諾だ。

 スペクトラオプティア自体は、血液を体外に取り出して有害な血液成分などを除去してから体内に戻す「アフェレシス」という治療への利用で承認を受けていた。一方、D2000吸着カートリッジは、欧州では医療機器の認証を得ていたが、米国では承認を得ていなかった。そこで今回、COVID-19への対策としてFDAが緊急使用を許諾した格好だ。

「免疫の嵐」を抑制する

 この装置とカートリッジのセットは、COVID-19が重症化し、「サイトカインストーム(免疫の嵐)」という現象が生じた際に使用する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1143文字 / 全文1719文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「橋本宗明が医薬・医療の先を読む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。