日本政府が決定した「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」。これまで講じてきた水際対策に加え、国内で散発的に見られる患者集団(クラスター)の発生を防ぐ対策を打ち出し、同時に今後の患者数の拡大を視野に入れた医療提供体制等の方針も示した。これにより、新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込めるだろうか。企業に対するテレワークの推奨や、イベント開催に関する話題が取り上げられがちだが、主に医療体制などを中心に基本方針を読み解いた。。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2231文字 / 全文2241文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「橋本宗明が医薬・医療の先を読む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。