不健康な食事や運動不足などの影響で、世界的にも増加が懸念される糖尿病。患者やその予備軍に生活習慣改善の新たなツールを届けようと取り組んでいるグループがある。東京大学の研究者らが設立したベンチャーと、東京大学医学部付属病院の専門医らから成る研究グループだ。

 糖尿病の管理に関しては、既にヘモグロビン(Hb)A1cという世界標準の検査が普及しているが、より日常の生活習慣を反映しやすい血液中のグリコアルブミン(GA)という物質に着目し、その変化を目安に医師がオンラインなどで生活習慣改善の指導を行うシステムの普及を狙う。専門医とベンチャーがタッグを組んで、何を仕掛けようとしているのか。

東大発ベンチャーのProvigateと専門医がGAに着目している

 現在普及している糖尿病の検査には、血液中の糖(グルコース)そのものを測定する方法と、血液中のヘモグロビン(赤血球)に糖が結合したHbA1cの比率を測定する方法の2つがある。

 血糖値の測定には、指に針を刺して採取した微量の血液を基に血液中のグルコースを測定する小型の血糖自己測定装置(SMBG)や、皮下にセンサーを埋め込んでグルコースを連続的に測定するCGMと呼ばれる装置が使われている。ただ、血糖値は1日の中でも大きく変動するため、インスリンの自己注射などによって血糖値をコントロールする必要がある人以外がそこまでこまめに測定する意義は乏しいし、費用もかかる。頻回の針刺しをしたり、センサーを皮下に挿入したりすると痛みも生じる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2016文字 / 全文2638文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「橋本宗明が医薬・医療の先を読む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。