ダイハツ工業は新型の軽商用車「ハイゼットカーゴ」を17年ぶりに全面改良し、計3車種を発売した。空間の無駄を徹底的にそぎ落とし、軽自動車の枠に収めながらミカン箱換算で3箱分積載量を増やした。主要ユーザーの宅配事業者や農家が使いやすいように配慮した新型車だが、この先には電動化という課題が待ち受ける。中国勢との競争も見込まれる中、電動化時代にも「良品廉価」の旗を掲げ続けられるだろうか。

 「人手不足が深刻になり、日本の産業構造は大きく変わっている。3車種を大幅に進化させ、顧客に寄り添い続ける」。ダイハツ工業が20日に開いた新車発表会で、奥平総一郎社長は話した。

ダイハツの奥平総一郎社長は軽商用車の発表会で「顧客に寄り添い続ける」と意気込みを示した(20日、東京・港)
ダイハツの奥平総一郎社長は軽商用車の発表会で「顧客に寄り添い続ける」と意気込みを示した(20日、東京・港)

 ハイゼットカーゴなどの刷新にあたり、開発陣が徹底的にヒアリングしたのは、新型コロナウイルス禍もあって需要が急拡大するインターネット通販の荷物を運ぶ配送事業者の関係者だ。現場では女性ドライバーが増えるなど働き手も多様になっている。

 アマゾンなどの荷物を個人宅まで運ぶ「ラストワンマイル」の事業者は1日あたり平均150件ほどの配達を担う。従来のハイゼットカーゴの容量はおよそ140件分。このわずかな差により、ドライバーは物流センターに再び荷物を取りに行く必要があり、業務効率が低下していた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1890文字 / 全文2432文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

「キーエンスOBが明かす強さの根源」、全3回ウェビナー開催

■第1回:2022年5月19日(木)19時~(予定)
テーマ:顧客の心をつかむ、キーエンスの「営業しない」営業力
講師:FAプロダクツ 代表取締役会長 天野眞也氏

■第2回:6月2日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:潜在需要が宝の山 キーエンスの高収益生み出す商品開発
講師:コンセプト・シナジー 代表取締役 高杉康成氏

■第3回:6月16日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:「キーエンス流」は世界に通じる、海外事業開拓の極意
講師:インサイトアカデミー 顧問 藤田孝氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。